NEC、NGN対応Web APIゲートウェイ/FMCハンドオーバソフトウェア | RBB TODAY

NEC、NGN対応Web APIゲートウェイ/FMCハンドオーバソフトウェア

 日本電気は31日、次世代ネットワーク(NGN)に対応したネットワークサービス基盤(SDP)ソフトウェア「NC7000シリーズ」の新製品として、Web APIゲートウェイ「NC7000-WS」、およびFMCハンドオーバ機能を持つ「NC7000-VC」を発売した。

エンタープライズ その他
NC7000-WS(Web Services GW)概要
  • NC7000-WS(Web Services GW)概要
  • NC7000-VC(Voice Call Continuity AS)概要
 日本電気は31日、次世代ネットワーク(NGN)に対応したネットワークサービス基盤(SDP)ソフトウェア「NC7000シリーズ」の新製品として、Web APIゲートウェイ「NC7000-WS」、およびFMCハンドオーバ機能を持つ「NC7000-VC」を発売した。価格はいずれも個別見積もり。

 NC7000-WSは、コールコントロールやプレゼンスなどの各種ネットワークサービスを、SOAP/XMLによるWebサービスAPIとして公開できるゲートウェイ。テレコムウェブサービスの世界標準「Parlay X」に準拠し、ポリシーベースのAPI管理、アクセス制御、SLA制御などの機能を備える。また、ふくそう制御、統計情報収集、課金用情報収集、アラーム管理などの各種ユーティリティを共通フレームワークとして利用できるため、導入後の機能拡張が効率的に行える。

 NEC7000-VCは、携帯電話網から無線LAN網など異なるネットワーク間を利用者が通話中に移動した際にも、最適な通信経路を自動選択することでシームレスな音声通話が可能になるソフトウェア。次世代通信機器の業界標準規格「ATCA(Advanced TCA)」に対応するなどキャリアグレードの信頼性を有するほか、世界標準である「Parlay X」、および「VCC(Voice Call Continuity)」に準拠する。

 同社では今後3年間で30システムの販売を見込んでいる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top