トライオン、韓国YBM Sisa.com社の英語/韓国語教育コンテンツを「脳カレ」で配信 | RBB TODAY

トライオン、韓国YBM Sisa.com社の英語/韓国語教育コンテンツを「脳カレ」で配信

 全国の複合カフェ約500店舗にeラーニングシステム「脳カレ」を導入しているトライオンは25日、マーケティングテストを目的として韓国YBM Sisa.com社の英語/韓国語教育コンテンツを配信することを発表した。

エンタメ その他
 全国の複合カフェ約500店舗にeラーニングシステム「脳カレ」を導入しているトライオンは25日、マーケティングテストを目的として韓国YBM Sisa.com社の英語/韓国語教育コンテンツを配信することを発表した。

 「脳カレ」は、“遊びながら脳を鍛える”をコンセプトとしたeラーニングシステムで、複合カフェで簡単に受講できる教育ポータルサイト。国内有数の教育メーカーの口座や、就職に必須のSPIやEQなどの模擬試験・診断など、現在500を超える講座を提供しており、約20万人が利用している点が特徴だ。

 今回、韓国の英語教育の老舗出版社のYBM Sisa社の子会社であり、同国のeラーニング市場の6割をも占有するYBM Sisa.com社と提携。「超ビギナーのための英会話」「本場、生き生き韓国語会話」の両コンテンツの提供を受け、期間限定で「脳カレ」で配信する。両コンテンツとも“入門者でも手軽に楽しみながら外国語を学ぶ”をコンセプトとしており、クレイアニメーションとなっているのが特徴だ。

 今後は、今回のテスト配信の反響や動向を見つつYBM Sisa.com社との協力関係を強化し、同社をトライオンのパートナー企業として日本進出の事業計画を立案・サポートしていくとしている。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top