東映特撮アニメの新作はギネス級の設定が特徴のあの作品 | RBB TODAY

東映特撮アニメの新作はギネス級の設定が特徴のあの作品

エンタメ その他

宇宙刑事シャリバン
  • 宇宙刑事シャリバン
  • 機甲艦隊ダイラガーXV
 東映は27日、同社が制作したアニメや特撮番組の名作を集めて提供する「東映特撮アニメアーカイブス」において、5月に配信開始する作品を発表した。

 今回新たに始まるのは、特撮ものの宇宙刑事シリーズ3部作の2作目の「宇宙刑事シャリバン」(全51話)と、15機のメカが合体して1機のロボットになるギネス級(?)の設定が特徴の「機甲艦隊ダイラガーXV(フィフティーン)」(全52話)だ。

 「宇宙刑事シャリバン」は、前作の元祖メタルヒーロー「宇宙刑事ギャバン」から直接続く作品で(ギャバンにも登場している)、赤いボディーが勇ましいヒーロー。「宇宙刑事シリーズ」の方向性を決定づけた傑作として、評価の高い作品である。

 そして「機甲艦隊ダイラガーXV」は、DVD未発売作品で、インターネット配信は今回が初となる。外宇宙の惑星探査がストーリーの軸となっており、惑星探査機能を持つ15体のラガーマシンが合体することで、主役ロボ・ダイラガーになるという設定だ。

 両作品とも1話105円/7日間で、4話または5話パックが336円/7日間。全話パックは、「宇宙刑事シャリバン」が3,748円/45日間、「機甲艦隊ダイラガーXV」は3,822円/45日間となっている。なお、「東映特撮アニメアーカイブス」は、BIGLOBEやgoo、ヤフーなどでサービスを展開中だ。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top