ヤフー検索ワードランキング〜注目ワードは菊地凛子、脅迫市長が急上昇 | RBB TODAY

ヤフー検索ワードランキング〜注目ワードは菊地凛子、脅迫市長が急上昇

エンタメ その他

 ヤフーは、恒例の検索ワードランキングを発表した。2007年2月19日〜2月25日の期間にYahoo! JAPANで検索された単語を分類し、1位を100ポイントとして2位以下の割合を算出している。

 急上昇検索ワードランキングでは、糸川議員の国会質問をめぐり、同議員を脅迫したとして逮捕された前滋賀県草津市長「芥川正次」(100.0ポイント)がトップとなった。「糸川議員」「山元康幸」「平和奥田」など、関連する検索キーワードでも多数検索された。2位はパソコンなしで1日を過ごすことができるか実験する試み「シャットダウンデー」(68.2)。ちなみに3月24日がシャットダウンデーとのこと。そして3位は、トップスターのヒョンビンと熱愛中であることが発覚した韓国の新進女優「ファン・ジヒョン」(65.3)がランクインとなった。4位は経営再建中の三洋電機が、2004年3月期の単体決算で粉飾していた疑いで「三洋電機 粉飾」(64.0)。そして5位にはジョン・F・ケネディ元米国大統領が暗殺される直前の未発表映像がインターネット上で公開され「http://www.jfk.org/home.htm」(61.9)がランクインとなった。以下6位「ぶるーくろす癒海館」、7位「和田静夫」、8位「前上博」、9位「syn flood」、10位「首都高 事故」となった。

 今週の「Yahoo!サーファーのグラフで読み解く注目ワード」は、「菊地凛子」。検索数で振り返ると、2004年に改名した彼女の注目度が最初に上がったのは、「DHよしこ」として出演したロッテのCMだった。その後「バベル」に出演。「全裸で鮮烈な世界デビュー」と報じられ、検索数が急増。該当日には、Yahoo!画像検索でも前日比1,4485%を記録した。新たなヒロインに目を付けたのが富士通。CM連動型広告「ウサタクの話」でキムタクの相手役に抜てき。今回受賞は逃したものの、発表当日にはこのCMの最大値と並ぶ検索数を記録。ちなみに過去の出演作「ちゅらさん」は、凛子効果で最新作の放送後も検索数が持続。「あのドラマに出てたの!?」と検索されていると分析している。

 また今週から、新たに「Yahoo!動画検索」の急上昇検索ワードランキングの提供が開始された。1位「沢尻エリカ」、2位「浅尾美和」、3位「ニコニコ」、4位「クレイジーケンバンド」、5位「安室奈美恵」となり、スポーツ選手としてプロビーチバレーボールの「浅尾美和」が健闘した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top