アッカ、モバイルWiMAXと無線LANのシームレスハンドオーバーの実証実験を実施 | RBB TODAY

アッカ、モバイルWiMAXと無線LANのシームレスハンドオーバーの実証実験を実施

ブロードバンド その他

 アッカ・ネットワークスは8日、ワイヤレスブロードバンド方式の候補のひとつであるIEEE802.16e(モバイルWiMAX)と、無線LAN規格IEEE802.11a/b/gのシームレスハンドオーバーの実証実験を、日立製作所(日立)の協力のもと実施すると発表した。

 今回の実験は、無線LANとWiMAX間での動作確認を実施し、無線LANスポットや屋外環境において、VoIPや動画ストリーミングなどのアプリケーションがシームレスに利用できるかを検証する目的で行われる。11月中には検証が完了する予定だという。

 実験で利用される日立のシームレスハンドオーバーソリューションは、異なったネットワーク間でアプリケーションを継続利用できるという技術。携帯電話と無線LANのシームレスハンドオーバーの実験にも成功した実績があるといい、本実験ではWiMAXとの親和性を確認する。

 同社では今回の実験により、WiMAXの利便性向上や利用エリアの拡大を検討するほか、WiMAXと有線ブロードバンドサービスの融合を目指すという。また、「屋外ではモビリティに優れたWiMAXを、自宅では無線LANアクセスによる高速で低料金のADSL回線や光回線など有線ブロードバンドサービスを同一端末で利用可能にするFMCサービスの実現性を検討していく」としている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top