松下、5.1ch同様のサラウンドが楽しめるワイヤレスヘッドホン「RP-WF6000」 | RBB TODAY

松下、5.1ch同様のサラウンドが楽しめるワイヤレスヘッドホン「RP-WF6000」

IT・デジタル その他

 松下電器産業は、2.4GHzデジタル無線伝送方式のデジタルワイヤレスサラウンドヘッドホン「RP-WF6000」を11月15日に発売する。価格はオープン。

 RP-WF6000は、2.4GHzデジタル無線伝送方式を採用し、壁や障害物などに遮られることなく最大で約30mの距離まで使用可能な、オープンエアー型のワイヤレスヘッドホン。

 ヘッドホン部には大口径50mmドライバーユニットを搭載するのに加え、独自開発の「パーソナルサラウンド」技術の採用により、5.1ch同様の迫力ある高音質サラウンドが楽しめるという。

 さらに、トランスミッター部にはアナログ入力のほか、2系統のデジタル光入力端子を装備しているため、デジタルチューナーやDVD機器などを同時に接続することが可能だ。

 ヘッドホン部の電源は、付属の充電式ニッケル水素電池または別売の単3形乾電池2本となっており、電池持続時間は付属電池で約8時間としている。
《村上幸治》

特集

page top