レッツ、番号の二重入力でFAXの誤送信を防いで個人情報を守る「DoubleDial 64/512」 | RBB TODAY

レッツ、番号の二重入力でFAXの誤送信を防いで個人情報を守る「DoubleDial 64/512」

エンタープライズ その他
Double Dial
  • Double Dial
  • 接続図
 レッツ・コーポレーションは15日、FAX番号を2度入力することでFAXの誤ダイヤルによる誤送信を防止する「DoubleDial 64」、「DoubleDial 512」を発売すると発表した。出荷は9月下旬。価格はオープンだが、予想実売価格はそれぞれ5万9,800円、6万4,800円。

 Double Dial 64、Double Dial 512は、FAX本体に入力された番号とDouble Dialに入力された番号を照合して、正しければ外信発信を許可するが、間違っている場合はエラー表示をして発信を停止するというもの。リダイヤル機能や着信中の発信操作、短縮ダイヤルの登録などが可能。短縮ダイヤルによる照合は短縮番号のを照合するのではなく、短縮番号に登録されたFAX番号そのものを照合するため、短縮番号の変更や登録間違いも防止できる。なお、登録可能な件数はDoubleDial 64が300件、DoubleDial 512が1,000件。さらに、DoubleDial 512はディスプレイに登録した送信先をカタカナ表示することも可能だ。

 回線制御部、本体操作部のサイズと重量はそれぞれ、120×80×25mm、約100g、150×100×30mm、約300g。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top