福岡県警、ガンダム等無断配信の男性を著作権法違反の疑いで逮捕 | RBB TODAY

福岡県警、ガンダム等無断配信の男性を著作権法違反の疑いで逮捕

エンタメ その他

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と日本動画協会(AJA)は、福岡県警生活経済課と小郡署が平成18年7月4日、権利者に無断で複製した映像コンテンツを自らが運営するホームページを通じてインターネットユーザに閲覧させていた岐阜県各務原市の自営業男性(41歳)を著作権法違反の疑いで逮捕したと発表した。日本国内において、映像ストリーミング配信による著作権侵害行為が摘発されたのは今回が初めてという。

 この男性は、平成16年11月25日〜平成17年8月3日ごろの期間、権利者に無断で「機動戦士ガンダムI」「ドラえもんのび太のワンニャン時空伝」「ブラックジャックカルテVI 雪の夜ばなし、恋姫」「半落ち」「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」の5作品を、男性の営業事務所に設置するサーバに複製し、自らが運営するホームページ「Streaming Station」を通じて募った会員に対して自動的に送信できる状態にし、サンライズ、シンエイ動画、手塚プロダクション、東映、東映アニメーションらの著作権(複製権およびび公衆送信権)を侵害した疑いがもたれている。

 同サイトではほかにも、洋画、邦画、アニメなど合計759作品を、月額980円見放題で配信。再三の警告にもかかわらず男性は侵害行為を継続していたことから、ACCSとAJAは権利者による告訴意思の確認作業などを実施。今年5月31日には、男性宅の家宅捜索が行われ、パソコン3台、DVDソフト、サイトの宣伝チラシなどが押収された。

 ACCSとAJAは、平成23年の地上デジタル放送への全面移行をはじめとする本格的なデジタル時代の到来と共にネット上でのコンテンツのさらなる循環を予想、コンテンツの保護や流通環境の整備を行うなど国をあげた健全なコンテンツ流通を目指している現状において、日本で初めての「ストリーミング配信」による著作権侵害の摘発となったこの事件は大変意味のあるものであるとし、両者は今後もネット配信における著作権の適正な保護の実現を目指し、様々な活動を行っていくとしている。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top