春の駅頭キャンペーン「TEPCOひかり体験イベント ひかり☆POD」実施中〜JR新宿駅でTEPCOひかり体験が可能 | RBB TODAY

春の駅頭キャンペーン「TEPCOひかり体験イベント ひかり☆POD」実施中〜JR新宿駅でTEPCOひかり体験が可能

ブロードバンド その他

手書きの宣伝ボードなど、スタッフの気合いも入っている
  • 手書きの宣伝ボードなど、スタッフの気合いも入っている
  • テレビCMの横で、光ファイバのメリットなどをさらに解説
  • 各プロバイダのカタログも完備なので、じっくり比較可能
  • キティちゃんグッズほか、オリジナルノベルティもプレゼントされる
  • ひっきりなしにお客さんが相談に訪れていた
 春の新学期・新生活の開始に合わせて、いよいよ光ブロードバンドを導入したい、という人も多いだろう。

 TEPCOひかりは、3月20日から3月31日まで、新宿、渋谷、池袋、吉祥寺など都内各所で駅頭キャンペーンを実施している。特に、JR新宿駅西口コンコースでは「TEPCOひかり新宿体験イベント」として、実際に新宿駅にTEPCOひかりの光ファイバを敷設し、その場で高速インターネットを体験できる、というイベント「ひかり☆POD」を開催中だ。

 開催初日の本日20日、実際にブースを訪問してみると、ひっきりなしにお客さんが訪れていて大盛況。販売店などと違い、お出かけついでにふらっと立ち寄って話が聞けるというのが魅力のようだ。基本的な相談にも応じてもらえるので、「光ファイバってどうやって導入すればいいの?」というお客さんが、地域によらず話を聞き、そのまま導入決定、となることも多いとのこと。「すでに導入を決定していったお客様が何人もいらっしゃる」との担当者の話だった。

 プロバイダについては、DTI、BIGLOBE、@nifty、So-netなどをはじめとした8社から選択する形だが、各社「最大4か月無料」(So-net)、「最大8か月、月額3,990円」(DTI、BIGLOBE)など、さまざまなプランを用意しているので、内容などと合わせて検討すればよいだろう。

 ブース自体は、西口の小田急コンコース中央に設置されていて、新宿駅西口を出て少し歩けばすぐにわかる場所だ。人通りも多いため、かなりの盛況ぶり。昼の12時から夜9時まで、常時6〜7名のスタッフが懇切丁寧に対応してくれるとのことなので、新宿駅で乗り換えする人は、覗いてみるのもおもしろいかもしれない。

 何より今回、イベント会場でTEPCOひかりに加入すると、オリジナルキティちゃんグッズ、そしてリラクゼーションスペース「てもみん」の30分無料チケットがもれなくプレゼントされるとのこと。まさにテレビCMどおり「浮いたお金でマッサージ」が実現するわけだ。

 さらに、せっかく新宿駅までTEPCOひかりをひいたんだから…ということから、キャンペーンブースのパソコンにWebカメラをつないでライブ配信する、というアイデアを実現していた。TEPCOひかりコンテンツサイトcasTY(キャスティ)の協力のもと、「casTYひかライブ」でこのイベントブース模様が配信されている。時間帯によって、販売員がカメラに向かってパネルで説明してくれたり、コンパニオンが登場したり、といった形でさまざまにアピールしたいとのこと。さらにはcasTY内「ひかり☆POD」のマイホームページに書かれた「あるキーワード」をイベント会場で告げると、抽選で50名にApple iTunes Music Card(5,000円分)がプレゼントされるという、これまた豪華なチャンスが用意されている。

 この販売イベントは3月末まで同時開催されており、さらに来週27日には、東京サンケイビル・メトロスクエアにて野外イベント「TEPCOひかりで爆笑お花見ライブ」も開催予定だ。吉本からFUJIWARA、ライセンス、ロバート、レイザーラモンなどの人気若手お笑い芸人が登場、桜を楽しみつつ、ライブイベントも観てしまおう、さらにTEPCOひかりの説明も同様のスタッフから聞ける、という内容だ。こちらも後日レポートしたい。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top