アークン、自社の総合マルウェア対策ソフトにWinnyを検知・隔離・削除する機能を追加 | RBB TODAY

アークン、自社の総合マルウェア対策ソフトにWinnyを検知・隔離・削除する機能を追加

エンタープライズ その他

 アークンは17日、同社の総合マルウェア対策ソフト「AntiMalware」にファイル交換ソフトのWinnyを検知し、処理するシグネチャをデータベースに追加し、4月初旬より提供を開始すると発表した。

 「AntiMalware」は、ウイルス、ワーム、スパイウェア、トロイの木馬、ハッキングツールなどすべての不正プログラムをカバーする、専用クライアント管理コンソール付きの法人向け総合マルウェア対策ソフト。

 同製品は、使用者や目的によっては正規にも不正にも利用できるキーロガーやネットワーク管理ツールなどの、いわゆる「グレーウェア」や「リスクウェア」と呼ばれるあいまいなプログラムについても対応しており、隔離処理や、隔離後の復旧処理などが行えるほか、検知対象である特定のプログラムを簡単に検知対象外の設定にすることができるという特徴を持つ。

 同社では、今回Winnyを検知対象に加えた理由として、ウイルス対策ソフトでのAntinnyワームの検知・駆除は可能なものの、昨今、亜種や変種が頻発しているため、ウイルス対策ソフトでは検出が難しい新種のWinny悪用ソフトによる被害が問題視されてきたため、としている。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top