松下、HDMIケーブルで制御する「VIERA Link」搭載の58〜37型プラズマTV「VIERA」 小雪も登場 | RBB TODAY

松下、HDMIケーブルで制御する「VIERA Link」搭載の58〜37型プラズマTV「VIERA」 小雪も登場

IT・デジタル テレビ

VIERAイメージキャラクターの小雪が和服姿で登場
  • VIERAイメージキャラクターの小雪が和服姿で登場
  •  松下電器産業は8日、薄型テレビ「VIERA」シリーズの新ラインアップとして、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ「PX600シリーズ」4機種を発表した。発表会には、イメージキャラクターの小雪も登場。
  • 58V型のTH-58PX600
  • 新らくらくリモコン
 松下電器産業は8日、薄型テレビ「VIERA」シリーズの新ラインアップとして、1,080p入力対応のHDMI端子を搭載した地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ「PX600シリーズ」4機種を発表した。画面サイズは58V/50V/42V/37V型を用意しており、4月15日から順次発売する。都内で行われた記者発表会には、VIERAイメージキャラクターの小雪も和服姿で登場し、新型VIERAのお披露目に華を添えた。

 PX600シリーズの発売日は、58V型のみ5月1日、それ以外は4月15日。価格はいずれもオープンで、実売予想価格およびパネル解像度は以下のとおり。

 58V型「TH-58PX600」(1,366×768ドット) 78万円前後
 50V型「TH-50PX600」(1,366×768ドット) 56万円前後
 42V型「TH-42PX600」(1,024×768ドット) 45万円前後
 37V型「TH-37PX600」(1,024×720ドット) 36万円前後

 PX600シリーズでは、新「PEAKS(ピークス)パネル」搭載の高画質システム新「PEAKS」により、高コントラスト4,000:1(最大10,000:1)、従来モデル比50%向上した高い階調表現力を実現。チューナーは、地上・BS・110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーをいずれも2つずつ装備する。

 また、世界で初めて、HDMIケーブルを用いて機器制御する「VIERA Link」を搭載。対応する同社製DVDレコーダー「DIGA」やAVアンプとHDMIケーブルで接続すれば、ビエラのリモコン1つでDIGAなどを操作できる。

 さらに、デジタルカメラで撮影した写真をテレビの大画面で楽しめる「SD静止画再生」に加え、SDカードムービーで撮影した動画再生(MPEG2)も可能になっている。また、ユニバーサルデザイン思想を採用した、画面と音声ガイドで操作手順を確認できる「ビエラ操作ガイド」、操作性をさらに高めた「新らくらくリモコン」など使いやすさも追求しているのが特徴だ。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top