楽天、1億円以上の時計など高級品専門の「高級品市場」オープン | RBB TODAY

楽天、1億円以上の時計など高級品専門の「高級品市場」オープン

エンタメ その他

「高級品市場」で扱う高級時計を前に挨拶する楽天の三木谷浩史社長と女優の黒谷友香
  • 「高級品市場」で扱う高級時計を前に挨拶する楽天の三木谷浩史社長と女優の黒谷友香
 楽天はネットショッピングモール「楽天市場」内に、1億円以上の時計など富裕層をターゲットにした高級品を専門に扱う「高級品市場」を開設した。報道向けの発表会には同社の三木谷浩史社長や、女優の黒谷友香が出席。サイト内では毎月3つのテーマで各8商品ずつ、合計24商品を紹介することなどが発表された。

 「高級品市場」の第1回目のテーマは「時計」、「ワイン」、「和」だ。500個以上の宝石をちりばめた時計「PATEK PHILIPPE ハイジュエリー ウォッチ」(1億3,650万円)や、樹齢500年の木を半世紀かけて仕立てた盆栽「真柏」(1,200万円)などをセレクトしている。

 楽天によれば、最近の消費者嗜好は「安さ志向」と「高級志向」の両極端に二分されており、「楽天市場」では単価が100万円を超える商品が前年同期比63.7%の伸びを示している。そこで今回、こうした消費者の高級志向に対応し、新たに「高級品市場」をスタートさせた。

 席上、三木谷社長は「高級品市場」のコンセプトについて、「高級品の値段が高いのにはそれなりの理由がある。『高級品市場』では単に高級品を買えるというだけでなく、その商品にまつわるエピソードや歴史を知ったうえで購入することができる」とし、「富裕層に対して本物を売りたい」と語った。

 また三木谷社長は「たとえば1,000万円以上の商品なら、『実際に自分の目で実物を見てから買いたい』という要望もあるだろう。その場合は個別対応という形になる」とし、ネットショップでありながら「実物を見てから買える」形態を取る可能性を示した。

 一方、女優の黒谷友香は、「私の場合、高級品はそれに合わせて自分が成長したいときなどに買うこともあります」などと自分のライフスタイルを披露。3年前に買ったフランス製のソファなど、自分なりの高級品に対するこだわりを語った。
《松岡美樹》

特集

page top