アッカ、学校間のクローズドネットワークをADSLで構築 | RBB TODAY

アッカ、学校間のクローズドネットワークをADSLで構築

ブロードバンド その他

 アッカ・ネットワークスは、2005年4月9日より開始された、杉並区立和田中学校(所在地:東京都杉並区)と上智大学四谷キャンパス(所在地:東京都千代田区)間で、遠隔授業におけるネットワークの提供および環境の構築を行ったと発表した。

 和田中学校の「徹底した音声・音読による会話力と学力の向上を目指す特別プログラム」を、上智大学とのネットワーク接続によって「遠隔授業」するのがこのネットワークの目的。両校の生徒・講師の移動問題が解決される他、ネイティブスピーカーとのライブ・チャットにより授業の効果アップが期待されている。音読による会話力の育成にはネイティブスピーカーとの対話が不可欠というわけだが、地理的条件による制約をネットワークが打ち破ったという形になる。

 両校は、ADSL回線(最大速度下り12Mbps/上り1Mbps)とセキュアなアッカの閉域網で接続され、外部からの不正アクセスを気にすることなく授業が可能であるという。以前より求められていた「よりセキュアなクローズドのブロードバンドネットワーク」が安価に構築されたということで注目を集めそう。

 これまでも英会話スクールなどではIP電話やテレビ電話を利用した個人向けの授業が行われていたが、学校単位での授業は珍しい。上智大学文学部英文学科専任講師の池田氏は「受講生徒には英検3級から準2級を目指してほしい」と、この特別プログラムに大きな期待を寄せている。
《水口真》

特集

page top