@NetHomeにサンリオキャラと遊んで学ぶ母娘向けコンテンツ「サンリオ タイニーパーク」登場 | RBB TODAY

@NetHomeにサンリオキャラと遊んで学ぶ母娘向けコンテンツ「サンリオ タイニーパーク」登場

エンタメ その他

 アットネットホームは母娘向けコンテンツ「サンリオ タイニーパーク」の提供を10月7日に開始する。
  •  アットネットホームは母娘向けコンテンツ「サンリオ タイニーパーク」の提供を10月7日に開始する。
 アットネットホームは母娘向けコンテンツ「サンリオ タイニーパーク」の提供を10月7日に開始する。同社のCATVインターネットサービス「@NetHome」ユーザを対象に、ゲームチャンネル(月額315円)、キッズチャンネル(月額420円)の2メニューで提供する。

 「サンリオ タイニーパーク」では、「ハローキティ」「ポムポムプリン」「けろけろけろっぴ」など、サンリオの人気キャラクターが登場するパズル、音楽、アクション等のゲームを提供。サービス開始時には8タイトルが公開され、毎月2回の更新を経て全60タイトルが提供される予定だ。

 一例をあげると、「ハローキティのもじもじペッタンコ」(絵文字で手紙が書ける)、「ポムポムプリンのデザートパーティー」(デザートを集めるゲーム)、「キキとララのお星さまタイピング」(タイピングゲーム)、「けろけろけろっぴのジグソーパズル」(パズル)といったゲームの提供が予定されており、小さな子供でも、大好きなキャラクターとの遊びを通じて、パソコンに馴染めるような内容となっている。
《編集部》

特集

page top