オンラインストレージを用いた著作権法違反でも逮捕者が | RBB TODAY

オンラインストレージを用いた著作権法違反でも逮捕者が

ブロードバンド その他

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、日本音楽著作権協会(JASRAC)、日本レコード協会(RIAJ)の3協会は、オンラインストレージを用いた著作権侵害で逮捕者が2名出たと発表した。

 3協会によると、2002年9月頃からNTTコミュニケーションズのオンラインストレージサービス「シェアステージ」において数十タイトルの市販の楽曲を無断で配布していたとして、京都府警ハイテク犯罪対策室と堀川署が新宿区内の男(18歳)を逮捕したという。配布は、まずインターネット上で参加者を募ってグループを形成し、これらの参加者に対して送信できる状態にしていたとのことだ。

 また同署は、同じくシェアステージを用いてゲームソフトを無断配布していた小山市の男(31歳)が京都簡易裁判所から罰金30万円の略式起訴を受けたことを明らかにした。こちらの事件でも、参加者を募ってグループを形成したうえで、2002年10月ごろから2003年2月25日までの間に179タイトルのゲームボーイ用およびゲームボーイアドバンス用ソフトを公開していたという。

 これまで、P2Pソフトを用いた著作権侵害での逮捕者は出ていたが、オンラインストレージを用いたケースは今回が初めてとなる。さらに、IDとパスワードで制限がかかっている領域であっても、不特定多数から利用者を募った場合、公衆送信権と送信可能化権の侵害の疑いがかけられることが今回のケースで明らかになったと言えるだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top