DION、STNet・TOHKnet回線を利用したADSL12Mサービス開始 | RBB TODAY

DION、STNet・TOHKnet回線を利用したADSL12Mサービス開始

ブロードバンド その他

 KDDI運営のDIONは、このほど電力系NCCであるSTNetならびに東北インテリジェント通信(TOHKnet)のADSL回線を利用した、下り最大12MbpsのADSLサービスの提供を開始する。

 サービス名はそれぞれ「ADSL STNetコース 12M」「ADSL TOHKnetコース 12M」で、速度は下り12Mbps、上り1Mbps。速度以外の基本サービス内容は従来のDION ADSLレギュラーコースに準じる。

 料金は初期費用が2,800円、月額利用料が3,280円で、別途モデムレンタル費用として月々500円が必要となる。ただし「DIONセット割(*)」を適用すれば月額利用料が300円オフとなるほか、TOHKnetではキャンペーンにより来年3月31日までに加入した場合は初期費用が無料となる。

 提供開始日はSTNetが本日(12月11日)、TOHKnetが12月18日で、提供開始時点でのサービス提供エリアはSTNetが四国4県(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)、TOHKnetが東北4県(青森県・岩手県・秋田県・宮城県)と新潟県となる。なお既存ユーザが12Mサービスを利用する場合にはコース変更の手続きが必要となるが、こちらの受付開始日に関しては現段階では未定となっている。

 このほかDIONでは、電力系のADSL回線に関して、上記のSTNet・TOHKnetのほかに中国地方をエリアとするCTNet(中国通信ネットワーク)のエリアでも今後12Mサービスの提供を予定している。

(*)マイラインプラスにおいて「県外」を含む2区分以上をKDDIに登録することで適用
《RBB TODAY》

特集

page top