エネコム、情報端末の操作を学習できる「アビバ アットホームコンシェルジュ」開始 | RBB TODAY

エネコム、情報端末の操作を学習できる「アビバ アットホームコンシェルジュ」開始

 中国電力グループのエネルギア・コミュニケーションズ(エネコム)は29日、グローバルキャストと提携し、e-ラーニングによる教育コンテンツサービス「アビバ アットホームコンシェルジュ」をの提供を行うことを発表した。10月1日より提供を開始する。

ブロードバンド ウェブ
「アビバ アットホームコンシェルジュ」のイメージ
  • 「アビバ アットホームコンシェルジュ」のイメージ
  • キャンペーン概要
 中国電力グループのエネルギア・コミュニケーションズ(エネコム)は29日、グローバルキャストと提携し、e-ラーニングによる教育コンテンツサービス「アビバ アットホームコンシェルジュ」の提供を行うことを発表した。10月1日より提供を開始する。

 「アビバ アットホームコンシェルジュ」は、「e-ラーニング」形式を活用し、情報端末の操作などについて、テキストや動画で学べる教育コンテンツ。「アビバ アットホーム」が有する教育ノウハウをもとにしており、専門スタッフがユーザー端末の操作画面を共有しながら、「教育リモートシステム」によりサポートを行う。

 専用端末は不要で、パソコンのほか、スマホやタブレットでも受講することが可能。利用料金は月額500円(税抜)。光インターネットサービス「メガ・エッグ(MEGA EGG)」ユーザーが対象。なおメガ・エッグでは月額利用料が最大3ヵ月無料となるキャンペーンも実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top