「テレワーク」の期待と普及にギャップ……メリットを見極める 3枚目の写真・画像 | RBB TODAY

「テレワーク」の期待と普及にギャップ……メリットを見極める 3枚目の写真・画像

 “ワークスタイル変革”の例として挙げられることの多い「テレワーク」だが、国土交通省が実施した「テレワーク人口実態調査」では、我が国のテレワーカー人口比率(就業者人口に占めるテレワーカーの割合)は、すでに、2012年時点で21.3%(約1,400万人)となっている。

エンタープライズ その他

関連ニュース

あなたの会社における、働き方(ワークスタイル)の多様化への取り組みについて、あてはまるものをお選びください。 単数回答、N=300
あなたの会社における、働き方(ワークスタイル)の多様化への取り組みについて、あてはまるものをお選びください。 単数回答、N=300

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【高校受験2013】北海道公立高校の最終出願状況、最高は札幌開成2.8倍

    【高校受験2013】北海道公立高校の最終出願状況、最高は札幌開成2.8倍

  2. いま最も危険な「Windowsショートカット脆弱性」、挙動や問題点を徹底解説

    いま最も危険な「Windowsショートカット脆弱性」、挙動や問題点を徹底解説

  3. 京都市が外国人観光客対策!市バスに4カ国語の指さし会話ボード

    京都市が外国人観光客対策!市バスに4カ国語の指さし会話ボード

  4. オムロンがパチンコの“のめり込み”防止技術! 顔認証システム活用

  5. シスコ、6,500名の正社員をリストラ……工場従業員5,000名も削減

  6. 文科省「教育の情報化における教育CIOとICT支援員の役割」研究発表

  7. ドライバーになるための車……マツダが教習車シェア49%を獲得する理由

  8. 建築物のひび割れ、ドローンで補修

  9. 【SS2015速報リポート034】パナソニック、 防犯カメラでも使える「業務用SDカード」に大容量128GBモデルが登場

  10. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

アクセスランキングをもっと見る

page top