ジェジュン、1年半ぶりに日本でも活動スタート その“初仕事”に苦笑… | RBB TODAY

ジェジュン、1年半ぶりに日本でも活動スタート その“初仕事”に苦笑…

エンタメ その他

ジェジュンが、25日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)に出演。約1年半ぶりの日本での仕事として「ドッキリ」に引っ掛かった。

 日本のニセの番組に呼ばれたジェジュン。マッサージをされて布団で気持ちよく眠っていたところに、シソンヌ長谷川忍、マヂカルラブリーが扮する妖怪「尻目」が現れる。この妖怪にはまさに、お尻に目がついている。

 妖怪のミッションは、部屋で寝ているジェジュンを起こさずに、自分の尻についているカメラで、壁に書いてある百人一首を読みあげるというもの。だが最初に挑戦したマヂラブ村上が物音を立てたためジェジュンを起こしてしまい、ミッションは即終了。

 そんなロケVTRに、「ちなみに日本での約1年半ぶりの仕事がこれじゃ」と、目玉の親父が補足説明すると、東野幸治は「ジェジュン、間違ってる!」と指摘。Sexy Zone菊池風磨も「わざわざ韓国から来てくれたのに?」と同情。ジェジュン自身も「1年7ヵ月ぶりに日本に戻ってきたんですけど、戻ってきて初めての日本のスケジュールなんです」と訴えた。だが長谷川から「尻目スタートです」と言われると、がっくり肩を落とし、苦笑いしていた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top