『ENGEIグランドスラム』2時間SP!新企画「無声演芸劇場」に麒麟・川島「奇跡の連続でした」 | RBB TODAY

『ENGEIグランドスラム』2時間SP!新企画「無声演芸劇場」に麒麟・川島「奇跡の連続でした」

エンタメ その他
川島明(麒麟)(C)フジテレビ
  • 川島明(麒麟)(C)フジテレビ
  • 上段左から)キンタロー。、ハイキングウォーキング、ピスタチオ、下段左から)もう中学生、ランジャタイ(C)フジテレビ

 28日21時からは、『ENGEIグランドスラム~笑いっぱなしの2時間超SP!~』(フジテレビ系)が放送される。

 およそ3ヵ月ぶりの放送となる今回は、ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)&松岡茉優というおなじみのタッグがMCを務める中、大御所から若手まで幅広い世代の芸人が一堂に会し、渾身のネタを次々と披露する。

 トップバッターを務めるニューヨーク、大トリを飾るおぼん・こぼんのほか、アンガールズ、お見送り芸人しんいち、ザ・マミィ、ジャルジャル、チョコレートプラネット、東京03、NON STYLE、ハリウッドザコシショウ、バカリズム、爆笑問題、ますだおかだ、見取り図、ロッチの豪華15組が登場するほか、一流芸人が「自分がもしコンテストの審査員なら最高得点を付ける!」と太鼓判を押す実力派芸人を紹介する新企画「俺が審査員なら最高得点!グランドスラム」では、かまいたち推薦のツートライブ、東京03推薦のゾフィー、そして麒麟・川島明が推薦する2丁拳銃が参戦する。

 そして、今や番組の名物のひとつとなっている、麒麟・川島明がコーナーMCを務める中継企画では、「無声演芸劇場」が初開催。人気芸人たちが代わる代わる舞台に現れ、“無声”、すなわち、一切声を出すことなくネタを披露。話術という武器を封じられた芸人たちが、顔や動きのみで爆笑をかっさらうという、斬新な笑いに挑む。

 “無声演芸劇場総支配人”の川島が見守る中、とっておきの無声ネタを披露するのは、キンタロー。、ハイキングウォーキング、ピスタチオ、もう中学生、ランジャタイの5組。キンタロー。は「ニュースで見た天才子どもダンサー」、ハイキングウォーキングは「スーパーイリュージョン」、もう中学生は「コント“トッピング博”」と、“無声芸人”たちがそれぞれ自身の得意ネタを“声出しゼロ”で展開する。メインスタジオで鑑賞するMC陣は大笑い。岡村は「なかなかのチャレンジ企画」と感心する。

 ランジャタイは、ファンにはおなじみの、ある大御所漫才師のパネルを使った爆笑ネタを披露。声を出さないことで、いつも以上にシュールな笑いを繰り広げていくのだが、まさかのトラブルが発生!?そして、今年5月いっぱいで解散することを発表しているピスタチオは、一世を風靡した「白目漫才」を、初の無声バーションでお披露目する。

 収録を終えた川島は「感動を覚えるくらい、奇跡の連続でした」と手応え。5組の中からあえてMVPを選ぶとしたら、との質問には「強いて言うなら、ランジャタイ...というか、大先輩の師匠のお二方ですね(笑)あんな大御所が“無声演芸劇場”に出てくださるなんて、感無量でした(笑)でも本当に、みなさん素晴らしかったと思います」と語っている。
《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top