Hey! Say! JUMP、新曲「area」の“光と影”だけで魅せるMVのティザー公開! | RBB TODAY

Hey! Say! JUMP、新曲「area」の“光と影”だけで魅せるMVのティザー公開!

エンタメ 音楽
Hey! Say! JUMP
  • Hey! Say! JUMP
  • Hey! Say! JUMP新曲「area」MV

 Hey! Say! JUMPのニューシングル『area/恋をするんだ/春玄鳥(読み:はるつばめ)』が25日にリリースされる。このほど、表題曲の内の1曲「area」のミュージックビデオのティザーが公開となった。



 現在放送中のドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)の主題歌でもある同作は、ドラマの主人公である三田園薫が「Kaoru」名義で作詞作曲を手がけ、ノスタルジックなメロディとメローなEDMトラックが融合した楽曲だ。

 ミュージックビデオのテーマは「光と影」。Hey! Say! JUMP史上初となる、美術セット無し、光と影だけで演出された先鋭的な作品。スタジオ中央でパフォーマンスするメンバーに対し、周囲の照明が点滅することで、メンバーの影も次々に入れ替わっていき、さも影だけが別人格を持っているかのような、不思議な映像に仕上がった。光と影という、シンプルな要素のみで構成されているだけに、メンバーの表情や、パフォーマンスが際立つミュージックビデオとなっている。

 また、サビ直前のブレイクに入っている伊野尾慧の口笛が印象的だが、撮影では口笛の表情に苦戦した様子。撮影現場に同席した有岡大貴に見守られながら、最終的には口元を手で軽く隠しながらのパフォーマンスに落ち着いたとのこと。

 「area」のミュージックビデオはシングルの初回限定「area」盤の特典ディスクにメイキングと合わせて収録される。
《松尾》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top