博多大吉、賢秀のクズっぷりに感心「逆にとんでもない才能」 | RBB TODAY

博多大吉、賢秀のクズっぷりに感心「逆にとんでもない才能」

エンタメ その他
博多大吉(Photo by Sports Nippon/Getty Images)
  • 博多大吉(Photo by Sports Nippon/Getty Images)

 16日放送の『あさイチ』(NHK)の“朝ドラ受け”で、博多大吉が思わず感心する一幕があった。

 直前まで放送されていた同16日の連続テレビ小説『ちむどんどん』第26話では、暢子(黒島結菜)が料理人の夢をかなえるべく上京。東京の大学に進学し、すでに都会人を満喫している早苗(高田夏帆)とともに、銀座のイタリアン「アッラ・フォンターナ」で絶品料理を味わい、「やんばるのみんなにも食べさせてあげたい!」と感動する。

 さらにこの後、賢秀(竜星涼)が在籍しているはずのボクシングジムを訪ねるも、すでに彼はジムを逃げ出していたことが判明。暢子が「デビュー戦でファイトマネー、たくさんもらったんですよね? 」と聞くと、トレーナー(本宮泰風)から「会長にさんざん泣きついて前借りしただけ。そのほかにもみんなに借りまくっていた」という衝撃の事実を告げられる。

 さらに賢秀が、横浜の鶴見に何度か飲みに行っていたという話を聞きつけて町に降り立った暢子だったが、手がかりはなく、早苗に電話し、泣きついた。だが教えられた番号にかけたはずが、電話先の相手から「間違い電話」と言われてしまう。挙句の果てに通りががった酔客から「おっ、姉ちゃん失恋したか?」「どうしたの?何か困ってる?」と絡まれる。

 これを受けて大吉は、暢子に対して呆れ気味に「まあまあ、ひと言で言えば準備不足」と苦笑いし、上京後の住まいも決めていなかったことに驚き。鈴木奈穂子アナは「ニーニーのところに行こうとしたんですかねぇ」と予想。

 すると大吉は「ニーニーも借りてたねぇ……」と、相変わらずのだらしなさを指摘しつつ、「あんな大金借りられるって、逆にとんでもない才能の持ち主ですね」と感心。華丸も「会長に好かれているんでしょうね」と笑っていた。


《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top