“abc予想”巡る激しい議論、“数学の常識”をVFX駆使して描写......『NHKスペシャル』 | RBB TODAY

“abc予想”巡る激しい議論、“数学の常識”をVFX駆使して描写......『NHKスペシャル』

エンタメ その他
(C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
【PICK UP】

 10日21時から放送の『NHKスペシャル』(NHK総合)は、「数学者は宇宙をつなげるか? abc予想証明をめぐる数奇な物語」。

 2020年4月、“abc予想”と呼ばれる数学の超難問を日本人が証明したというニュースが報じられた。京都大学・数理解析研究所の望月新一教授の長編論文「宇宙際タイヒミューラー理論」が、8年にわたる査読を終え、専門誌への掲載が決まったのだ。だが、数学界で、前代未聞の事態が起きているという。「望月の証明は理解できない」「いや証明は絶対に正しい」という、激しい議論が続いている。

 一つ一つ論理を積み上げていけば、誰もが同じ答えにたどり着くはずの数学の世界で、なぜ主張が真っ向から対立しているのか?番組では、“abc予想”の証明に用いられた「宇宙際タイヒミューラー理論」の構築の過程と発表後の激論をたどり、事態の背景を追う。2000年以上にわたって積み上げられてきた「数学の常識」を、いわば打ち破ろうとする望月理論の不思議な世界が、VFXを駆使して描かれる。
《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top