アンミカ、“気”が合わない共演者には塩をまいて対処「塩がダメなら酒ね」 | RBB TODAY

アンミカ、“気”が合わない共演者には塩をまいて対処「塩がダメなら酒ね」

エンタメ その他
アンミカ【撮影:小宮山あきの】
  • アンミカ【撮影:小宮山あきの】
【PICK UP】

 アンミカが、19日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演。“気”が合わない共演者への対処法を明かした。

 アンミカにとって「パワーをもらえる人」というのは、「見返りを求めない人」なのだとか。例として、オードリー春日俊彰やこの日の同じくゲストであるフワちゃんを挙げた。

 一方、「『ここで自分が結果を出すぞ』って虎視眈々と狙うような、自我がいっぱいの人といると疲れる」と本音。すると若林正恭が思い出したように「アンミカさん、前おっしゃってましたもんね」と切り出すと、「(パワーを)くれる人と、持っていかれる人が分かるから、その(持っていかれる)人とご飯になると、隠れて腰に塩をまくって」と暴露。

 するとアンミカは笑いながら、「いつでもポジティブな塩を持ってて。塩がダメなら酒ね」と爆笑アドバイス。これを聞いた若林は、春日とフワちゃんにに向かって、「隠れて塩まかれるんだよ?その人が(料理を)頼んだりしてるときにこうやって。アンミカさんと飯食って、家帰って上着脱いだら塩パラパラ落ちてきたらショックだよな」と語った。

 ちなみにアンミカは楽屋挨拶の際も塩は欠かせないのだとか。「今日は隣に座るけど、キツいって思った時に『おはようございます、宜しくお願いします』(と頭を下げながら)シャッて(塩をまく)」と解説。そして「(楽屋の)扉開けた時にジョリジョリって言う人は塩まかれてると思っていただければ」と注意喚起していた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top