小栗旬、元俳優の演出家の兄と仕事で“共演”! | RBB TODAY

小栗旬、元俳優の演出家の兄と仕事で“共演”!

エンタメ その他
小栗旬【撮影:小宮山あきの】
  • 小栗旬【撮影:小宮山あきの】
【PICK UP】

 小栗旬が、14日放送の『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)に出演。兄・小栗了さんとの思わぬ交流を語った。

 以前は俳優として活動していたものの、現在は演出家をしているという兄・了さん。現在、恐竜が臨場感たっぷりに目の前まで迫ってくるというライブステージ『ディノアライブ プレミアム タイムダイバー』を手掛けているそう。

 その解説ナレーションを務めているのが、他ならぬ小栗。まさかの“兄弟共演”に中居正広が驚きながら「それは(お兄さんから)個人的じゃなくて公式に(オファーされた)?」と質問。これに対して彼は「兄は僕に声がかかっているのを知らなかった」と答えた。さらに小栗本人も、舞台を兄が担当しているのを知らずにオファーを受けたそうで、決定後にスタッフから「実は演出、お兄さんなんです」と報告を受けたという。

 そして先日、とあるスタジオにナレーションを録りに行くと、ブースにいる了さんから「小栗さん、すみませんけど、もう少しこういう感じにしてもらえませんか?」と指示されたと笑った。奇妙なやり取りについて小栗は「照れくさいですけど、ものすごくしっかり、そういうことではないテンションで会ってくれた」と、兄弟の間柄を抜きに向き合ってくれたと感謝。

 続けて「こっちも、ものすごくやりやすかった」としながら、「(兄から)『小栗さん、こうしてもらえますか?』と言われて、僕も『小栗さん、さっき言ってたの、こういうことですか?』(と会話していた)」と回顧。中居が「それ面倒くさい。もう『兄貴』でいい」と指摘すると、小栗本人も笑っていた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top