ふなっしー、国宝級1000万円の刀「藤四郎吉光」所有 ネット「凄い梨だ」 | RBB TODAY

ふなっしー、国宝級1000万円の刀「藤四郎吉光」所有 ネット「凄い梨だ」

エンタメ その他
ふなっしー【撮影:椿山和雄】
  • ふなっしー【撮影:椿山和雄】
【PICK UP】

 ふなっしーが、12日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。集めている刀コレクションが大変なことになっていることが分かった。

 ふなっしーは昨年8月の同番組で自宅を公開した際、100万円の“刀”など刀だけ陳列する専用部屋も見せていたが、今回さらに進化したそう。チュートリアル徳井義実によると「極端に刀にハマった結果、コレクションの総額が3000万」と暴露。スタジオからどよめきが起きた。

 そこで今回、コレクションの一部を改めて紹介してもらうことに。例えば戦国時代の刀で購入金額は120万円。さらにふなっしーは、自撮りしながら「こちらは駿河の島田派、武田信玄や今川義元が愛した刀派なっしなー」「こちらは来派の国光、来国光なっしなー。山城国なので京都の刀なっしー」などと専門知識も披露しつつ解説。ちなみに、「来国光」は470万円。

 続けて、「こちらは私の中で一番大事にしている短刀で、粟田口藤四郎吉光。天下三作っていわれてて、持ってる中で一番高かったなっし」と告げると、値段が1000万円越えと表示された。このVTRを見ていたフットボールアワー後藤輝基は「え~!ウソやろ!」とびっくり。徳井も絶句し、SHELLYや指原莉乃も「1本で!」「え~すごい!」とア然。

 VTRが終わり、後藤が「1000万円超えてるやつがありましたけど」と振ると、ふなっしーは「今多分Twitterバズってます。“ふなっしー藤四郎爆誕”みたいな。刀好きからしたら、『なんでお前が藤四郎持ってるんだ』って話になります」と述べた。

 徳井が「日本に何本ぐらいある?」と尋ねると、「正確な数は分からない」としながら、「多分、数十本。ほとんどが博物館と国宝に指定されている」と説明。「昔から徳川家康も織田信長も豊臣秀吉も集めてました」とも語った。さらにふなっしーは「刀匠吉光800年ぐらい経ってますので、あれがもし折れたら、ふなっしーの責任」と話した。これに徳井は「そうか。後世に受け継いで行くものなんや」と納得していたが、高畑充希は「でも刀鍛冶の人も、まさか数百年経って梨に……」とポツリと漏らし、笑いを誘っていた。

 ふなっしーの予想通り、刀好きは沸騰。「ふなっしー藤四郎爆誕なっし~」「ふなっしーパイセン相変わらずのガチっぷり」「ふなっしーは藤四郎も所持してるのね…凄い梨だ」「100年後、この粟田口藤四郎吉光は梨の妖精が所有してた…と語られるのか…」と盛り上がっている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top