『あさイチ』鈴木奈穂子アナ、今朝の「朝ドラ受け」でボロ泣き大号泣!視聴者もらい泣き | RBB TODAY

『あさイチ』鈴木奈穂子アナ、今朝の「朝ドラ受け」でボロ泣き大号泣!視聴者もらい泣き

エンタメ その他
【PICK UP】

 NHK鈴木奈穂子アナが、25日放送の『あさイチ』(同)のオープニングで号泣する一幕があった。

 同日朝放送された連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の第19話は、御菓子司「たちばな」の主人・金太(甲本雅裕)が、幸せだったころの「橘家」の一家団らんを思い浮かべながら亡くなるという衝撃の“夢オチ”で終わった。

 妻・小しず(西田尚美)や、母ひさ(鷲尾真知子)を空襲で死なせたのは自分のせいだと罪悪感にさいなまれた金太だったが、やがて生きる気力を取り戻し、「たちばな」再建に動こうとしていた矢先の出来事だった。

 そして、この日の『あさイチ』“朝ドラ”受け、鈴木アナは金太への思い入れが強かったのか、涙をポロポロこぼしながら、「だめだ、もう……。もう……」と、すすり泣き。博多華丸が、つとめて冷静に「夢だったんですね」、大吉も「ただの夢かなと思ったら亡くなって……」と感想。だが、進行できない状態の鈴木アナに「どうしましょう? 一か八かニュースセンターに振ってみましょうか」と、フロアにいるスタッフに確認。だが「ニュースセンターの方まだいない? 9時までいない」と告げると、スタジオは大爆笑。

 鈴木アナはこの後、何とか建て直そうとするも、やはり涙があふれてしまい「どうしよう、これ……」と嗚咽。すると、この日のゲストIKKOが「まぼろし~!」と一声あげて雰囲気を変えようとすると、大吉は「まぼろし~!の方がいらっしゃってよかった。助かった~」と安堵。この後、鈴木アナは平静を取り戻し、特集にうつっていたが、しばらくは涙声のままだった。

 ネットでは「今朝の #あさイチ の涙でまた鈴木アナが好きになりました」「朝からカムカムで泣く。 あさイチで鈴木アナの表情を見てまた泣く」「本当IKKOさんの存在に感謝」といった声が寄せられている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top