鈴木奈穂子アナ、百音と菅波の行く末にヤキモキ「まさか別れないよね」 | RBB TODAY

鈴木奈穂子アナ、百音と菅波の行く末にヤキモキ「まさか別れないよね」

エンタメ その他
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 鈴木奈穂子アナが、22日放送の『あさイチ』(NHK)の朝ドラ受けで、今後の『おかえりモネ』の展開について触れる一幕があった。


 『おかえりモネ』では、百音(清原果耶)がついに故郷に戻ることを決めた。これを受けて鈴木アナは番組冒頭、「百音ちゃん、決めたんですね。戻るんだ」と感慨深げ。博多大吉も「タイトルどおり『おかえりモネ』ですよね」とコメント。

 だが、彼女にプロポーズしたはずの菅波(坂口健太郎)は東京へ戻ることから、華丸は「“すれ違い先生”ですよね」と告げ、笑いを誘った。ちなみに、あさって金曜日の『あさイチ』「プレミアムトーク」のゲストは坂口。

 鈴木アナは、そんな坂口のゲストを楽しみにしつつ、2人の行く末に「結婚?どうなる?プロボーズもしてますし…」と落ち着かない様子。大吉が「鈴木さんの周りでは『(2人は結局)結婚しない』という人もいるんでしょ?」と語ると、鈴木アナは「ここまですれ違ってると、まさか別れないよね、みたいな……」と少々興奮気味。

 大吉が「そのまま(2人が別れたまま)、僕、金曜日トークできないよ」と言うと、鈴木も「やきもきしてる」と笑った。最後に華丸が「まあ明るい話題は三生(前田航基)がお寺を継いだ継いだと。お寺を、継いだ継いだ」と言うと、大吉は「まえだまえだ、みたいに言わないでね」とツッコミを入れていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top