田中みな実、“絶対音感”を持っていた姉に劣等感「自分が劣っているみたいに…」 | RBB TODAY

田中みな実、“絶対音感”を持っていた姉に劣等感「自分が劣っているみたいに…」

エンタメ その他
田中みな実【撮影:浜瀬将樹】
  • 田中みな実【撮影:浜瀬将樹】
【PICK UP】

 田中みな実が、26日放送の『グータンヌーボ2』(カンテレ)で、幼少時代からのコンプレックスを明かした。

 番組エンディング、「子どもの頃にしていた習い事」についてのトークに。これについて田中は指を折りながら、「ピアノ、バイオリン、クラリネット、スイミング……いっぱいやっていました」と告白。

 一方「姉が本当に楽器ができる人だったんです。いわゆる絶対音感を持っていた」と明かしつつ、「だから自分が劣っているみたいに毎回感じちゃって、レッスンに行くのがイやだった」と回顧。

 続けて「バイオリンもイヤでイヤで辞めた」としながら、「ドラマでこの間、バイオリニストの役が来た」のだとか。子どもの頃にやっていたという情報がどこからか入ってしまったとのことだが、ドラマスタッフから「天才バイオリニストとしてお願いします」というまさかのオファーが。「避けて通れないものってあるんだな」と運命を感じたと話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top