松本潤、「嵐」活動休止後“初”の公の場!特派員協会で英語交えてライブフィルム紹介 | RBB TODAY

松本潤、「嵐」活動休止後“初”の公の場!特派員協会で英語交えてライブフィルム紹介

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2021 J Storm Inc.
  • (C)2021 J Storm Inc.
  • (C)2021 J Storm Inc.
  • (C)2021 J Storm Inc.
【PICK UP】

 嵐のデビュー日である11月3日よりドルビーシネマ限定先行公開、26日より全国公開となる嵐”初”のライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』。このほど、日本外国特派員協会にて同作の会見が開催。監督の堤幸彦と活動休止後“初”の公の場となる松本潤が登壇した。

 冒頭、松本から「本日はお集まりいただきありがとうございます。この映画が日本の皆さんのみならず、世界中のたくさんの人たちに楽しんでもらえることを願っています」と日本語で話した後、海外向けに自身で英語でも挨拶。

 これまで長年、嵐の公演の演出・プロデュースを担当してきた松本。嵐として初のライブフィルムとなった同作について「この映画作品のコンサートのディレクションをやらせていただいたことを光栄に思ってます。この作品をやるにあたって、自分たちが2020年いっぱいで活動を休止をすることが決まったタイミングで、嵐としてライブフィルムを作ったことがなかったので、結果的に20周年のライブをたくさんの人に見てもらえることになったので、映像としてしっかりと残しておきたいと自分たちも思いましたし、スタッフにもそういう考えがあると聞き、デビューする前からお世話になっている堤さんに監督をやっていただきたいという話をして、承認していただいたところからスタートしました」と企画の経緯を説明した。

 さらに、20年前、嵐の初主演映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけどHAPPY』を監督して長年にわたって嵐と共にしてきた堤監督は、今回久々に嵐と組んで「20年近く嵐の皆さんと仕事をしてきました。ドラマやピカ☆ンチ(シリーズ)だったり、プロモーションビデオもやらせていただいてますが、久々にお会いして仕事をした印象を言えば僕の中ではほとんど変わっていない」「例えて言うなら親戚のおじさんというような気分です」と話すと、松本は「嬉しいです(笑)」と照れながら応えた。

 125台のカメラで撮影された同作について、お気に入りのシーンはあるかとの問いに松本は、「基本的にシームレスにつながるものが僕は好きなんですね。ブロックで分けるというよりはなるべくシームレスにいきたいと思って作りました。ライブ会場でライブを見る体感と、映像で見る体感は違ったりするので、本当だったらあと1秒長いところを、映像ではもう1秒早く来た方が見やすいとか、もうちょっと音が早くきたほうが聞きやすいみたいなことは計算して作ったので、映像になった時にその繋がりがよく見えるんじゃないかと思います」と真っ直ぐに答えた。

 最後に松本は「撮影したのが2019年の年末、東京ドームで撮影させていただきましたけれども、ありがたいことにお客さんが満杯の状態で映像作品を撮影することが出来ました。今この国で、まだエンタメが元通りの環境になっていないということも、同時にこの作品を見ると感じる部分があると思います。自分たち含めてエンターテインメントが少しづつ回復していく、そんな願いも込めてたくさんの人にこの作品が届いたらいいなと思いますし、ここからまたみんなで楽しめるエンターテインメントを作れたら、それを楽しんでいただけたらと思っています」と熱くコメントし、会見を締めくくった。
《KT》

関連ニュース

page top