佐久間由衣、もともとは芸人志望…友達の前で「ゲッツ!」 | RBB TODAY

佐久間由衣、もともとは芸人志望…友達の前で「ゲッツ!」

エンタメ その他
佐久間由衣【撮影:小宮山あきの】
  • 佐久間由衣【撮影:小宮山あきの】
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 佐久間由衣が、5日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。芸人志望だったことを明かした。さらにオードリー春日俊彰から伝授されたギャグを全力で披露した。


 小学生の頃、『エンタの神様』(同系)などお笑い番組に夢中になっていた佐久間。芸人になりたいと真剣に思っていたそうで、ダンディ坂野の「ゲッツ!」といった芸人のギャグのモノマネをしてはクラスメートを笑わせていた。その中で特に憧れたのがネプチューン堀内健とオードリー春日俊彰。

 フットボールアワー後藤輝基が「意外や意外、芸人志望だった?」と驚くと、佐久間は「内弁慶なので、友達の中だけで」と笑った。東野幸治から「3~4人の前で『ゲッツ!』やったりとか?」と聞かれると、「やってましたね」と回答。この後、当時やっていたという堀内の「ホリケンサイズ」というダンスを恥ずかしそうに踊り、さらにリクエストに応えて、春日の「鬼瓦!」も披露した。

 この後、堀内か春日のどちらかがスタジオに登場すると聞いた佐久間は「強いて言うならホリケンさん」と話していたが、スタジオに現れたのは春日。そんな彼は今回、佐久間のためのオリジナル自己紹介ギャグを伝授。だがそれが、「♪サクサクサクサク佐久間 、♪サクサクサクサク佐久間、♪サクサクサクサク佐久間…由衣瓦!」という、春日の既存のギャグのアレンジバージョンだったことから、後藤から「使い回しやないか!」とツッコまれ、佐久間も「全部見たことある」と苦笑い。

 それでも佐久間は照れながら、伝授された自己紹介ギャグを全力で実演。後藤から「これから舞台挨拶とかで必ずやりますね?」と確認されると、「あっ…やりたくないです」と正直に回答。春日は「ちょっと待ってよ。(僕のこと)好きなんでしょ!?」と訴えていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top