「なんでお姉ちゃんなの?」妹の言葉に涙する百音!姉妹の関係は今後…『おかえりモネ』 | RBB TODAY

「なんでお姉ちゃんなの?」妹の言葉に涙する百音!姉妹の関係は今後…『おかえりモネ』

エンタメ その他
『おかえりモネ』76回 (c)NHK
  • 『おかえりモネ』76回 (c)NHK
  • 『おかえりモネ』76回 (c)NHK
  • 『おかえりモネ』76回 (c)NHK
  • 『おかえりモネ』76回 (c)NHK
「なんでお姉ちゃんなの?」

 未知(蒔田彩珠)は百音(清原果耶)にいら立の言葉をぶつけた。同級生の亮が相談するのは、なぜいつも姉の百音なのか……。

 27日の放送では、百音と未知の2人は、妻・美波(坂井真紀)の葬儀をあげたいという話を持ち掛けられた新次(浅野忠信)が、再び酒を飲んで暴れたとことを電話で知る。息子の亮(永瀬廉)は、それが嫌で東京で行方をくらました。

 亮に思いを寄せる未知は動揺し亮に電話するも出ず…しかし百音が電話すると返事が。「百音しか言える相手いない」と電話口で弱音を吐く亮。スマホのスピーカーで一緒に聞いていた未知は、思わず視線をおとした。たまらず、東京で購入した洋服を百音に投げつけ、冒頭のように気持ちをぶつけた。

 未知は亮を思い、何故いつまでもしんどい思いをしなきゃいけないのか?と訴え、「(亮の)気持ちボロボロだよ。逃げたいんだよ本当は…、でも逃げられないじゃん。だって誰かが残んなきゃ…」とまで。未知の言葉が、故郷を離れた百音の心にささり、涙が。

 30日からはじまる16週のサブタイトルは「若き者たち」。次回76回では百音と未知が亜哉子(鈴木京香)からの電話で、亮が高速バスで気仙沼に戻ることになったと聞く。その後、百音は明日美(恒松祐里)と相談、このまま亮を帰らせてしまうのはよくない、と新宿のバスターミナルに亮を迎えに行く。

 姉妹の気持はどう変化していくのか、その動きにも注目が集まる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top