宮迫博之、解散後初のYouTube更新!元相方・蛍原徹に謝罪「謝っても謝っても謝り切れない」 | RBB TODAY

宮迫博之、解散後初のYouTube更新!元相方・蛍原徹に謝罪「謝っても謝っても謝り切れない」

エンタメ その他
宮迫博之 (Photo by Sports Nippon/Getty Images)
  • 宮迫博之 (Photo by Sports Nippon/Getty Images)
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 雨上がり決死隊を解散した宮迫博之が、18日深夜にYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』を更新した。


 17日、32年間活動してきた雨上がり決死隊の解散を、ABEMAと吉本興業公式YouTubeチャンネルで配信された動画『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会』の中で報告した宮迫。

 この日のYouTubeチャンネルでは冒頭、「どうも宮迫です」と、コンビ名を名乗ることなく挨拶すると、「こんな時間の配信になってすみません」と陳謝。「本来、もっと早くにやるべきことでしたし、やらないと言っていたのに、こんな時間になってしまいまして、やっぱり早く伝えておくべきことだと思ったので、自宅で撮らせてもらってます」と説明。

 続けて「まず、こんなしでかした人間のために素晴らしい番組を用意してくださったAbemaTVさん、テレビ朝日さん、吉本興業さん、スタッフのみなさん、演者のみなさん、そして蛍原さん、本当にありがとうございました」と頭を下げた。

 2年ぶりの『アメトーーク!』復帰となったことについて宮迫は「本当に最高のなんだということを改めて気づかされました」と思いを馳せながら、騒動以来、自身が出ている出演シーンをカットせざるを得なくなったことについて「本当にスタッフの皆さん大変だったと思います。なのに2年ぶりに会ったみんながすごい優しくて温かくて、でもまた泣かせてしまいました。本当にすいません」と謝罪した。

 『解散報告会』の終盤、FUJIWARA藤本敏史が号泣しながら「(解散したのは)宮迫さんのせいですよ!」と訴え、さらに原西孝幸も「なんでこうなったのか」とぶつけるシーンもあったが、これについて宮迫は「最悪のタイミングでYouTubeを始めてしまったことです。ずっと『コラボ相手の都合が』という言い訳をしていました。でもちゃんと土下座をして本気で謝ってお願いしたら(公開を)ズラすことはできたと思います」として、「結局僕は、自分の言葉ばかり考えていたと思います」と語った。

 この後も元相方・蛍原への謝罪を繰り返し口にした宮迫。「32年間、ずっと僕のために、ずっと頭を下げてくれてました。謝っても謝っても謝り切れない」「誰よりも長く、誰よりも一緒にいて、迷惑をかけたのは蛍原さんだと思いますから、改めて言わせください。蛍ちゃん、ホンマにごめん。32年間ありがとうございました」と話していた。

《杉山実》

関連ニュース

特集

page top