千鳥・大悟、「台本おもんない」…『ピカルの定理』のコント撮影を6時間ストップさせた過去 | RBB TODAY

千鳥・大悟、「台本おもんない」…『ピカルの定理』のコント撮影を6時間ストップさせた過去

エンタメ その他
大悟(千鳥)【編集部】
  • 大悟(千鳥)【編集部】
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 千鳥・大悟が、27日放送の『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(フジテレビ系)で、平成ノブシコブシ徳井健太から『ピカルの定理』(同系)時代の“若気の至り”をバラされた。 


 この日、同番組のファンだという徳井が、MCである華丸大吉、千鳥の魅力をプレゼン。その中で「千鳥はもう、言うことないくらい可愛い」と力説した。

 これを聞いたノブは相方の大悟を見ながら、「違うやん全然。大悟のどこが可愛いの?」と質問し、本人も「可愛いイメージ?」と苦笑い。すると徳井は、共演していた『ピカルの定理』でのエピソードを披露。「(当時は)千鳥がもうトガってたころ。特に大悟さんがトガっていた」と告げた。

 その上で、「(大悟は)コントとかもやらなかった。『台本がおもんない』『俺はやらんぞ』(と断固拒否)」していたと回顧。さらに「(大悟は)6時間とかディレクター集まって(いるにも関わらず)『やらない』って言って」と、ディレクターの説得にも首を縦に振らず、突っぱねていたのだという。

 その時、コントをしない代わりに急きょ、渡辺直美やピースなどが集まるトーク企画に合流したという千鳥。ところが大悟はなかなかしゃべらなかったそうで、徳井によると「(最後にようやく)大悟さんが何か言ったのだが、噛んで声が小さくて、何言ってるか全然分からなかった」と笑った。

 これに大悟は「おい、どこが可愛いねん!」とツッコミを入れていたが、徳井は「それでスタッフがドカーンって笑って、『なんだ、千鳥ってイジっていいんだ』(と思うようになった)」と振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top