加治ひとみ、大胆なシースルードレス姿を披露!セクシーな“泡ドン”ショットをアピール! | RBB TODAY

加治ひとみ、大胆なシースルードレス姿を披露!セクシーな“泡ドン”ショットをアピール!

エンタメ グラビア
加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】
  • 加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】
  • 加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】
  • 加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】
  • 加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】
  • 加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】
  • 加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】
  • 加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】
  • 加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】
 モデルでタレントの加治ひとみが15日、都内で行われたグラビアマガジン『Splash! 加治ひとみ』(宝島社)出版記念イベントに出席した。

※シースルードレスの写真を見る
 同書は、宝島社が立ち上げたグラビアマガジン「Splash!(スプラッシュ)」シリーズ第1弾。加治の水着やランジェリー姿を中心に、開放的な南国での浜辺ショットやシャワー、寝室などの多彩なシチュエーションで撮影した“かぢボディ”を堪能できる一冊となっている。

 シースルーのドレス姿で登場した加治は、「本誌でもシースルーの衣装があるので、今日もシースルーにしてみました。ちょっと恥ずかしいんですけれど、素敵な衣装なのでお気に入りです」とにっこり。一周回って“美ボディ”をお披露目した。

加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】

 また、本日発売となる同書について、加治は「撮影してから半年が経って、今日発売日を迎えるんだなと思うと、実感がわかないくらい嬉しい気持ちです。素敵なクリエイティブチームとやらせていただいたので、『Splash!』でしか見られない加治ひとみが見られると思います」とアピール。

 沖縄・宮古島で行ったというロケ時は、「限界ギリギリの露出にチャレンジした」と言い、「ポージングを取るときに、見えないように気にし過ぎてしまうのは、私の中のプロ意識でもったいないなと思ったので、本当に何も着けずに挑んだ写真がほとんどです」と告白。

加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】

加治ひとみ【撮影:小宮山あきの】

 お気に入りのカットに、上半身は何も身に付けず、海辺を歩いている“手ぶら”ショットを選ぶと、「これは海辺をゆらゆら歩いている感じで撮って、私は海が大好きなので、人魚のような雰囲気が出ているのがお気に入りです」と笑顔を弾けさせた。

 以前は、壁に乳を押し付けた「乳ドン」ショットを披露し、話題となった加治。今回は、シャワールームで泡に包まれているセクシーな「泡ドン」ショットもあるといい、これについては「撮影中に本当にナチュラルに、私が普段シャワーを浴びているところを、そのまま撮ってもらいました」と明かした。

 腸活をライフワークとして取り入れている加治。撮影前の美ボディ作りについて聞かれると、「9年ぐらいピラティスをしているので、今回も本番まで体と心を鍛えました。体が硬くなりすぎないように、柔らかい部分を残せるようなイメージで当日を迎えました」と回顧。宮古島でのロケ時も、腸活をしながらの撮影となったそうで、「腸に良いわかめスープを買ってきてくださるマネージャーがいたり、本当に腸活しやすい環境でした」と振り返っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top