乃木坂46・伊藤純奈&渡辺みり愛のラストライブ!8年間のファンの支えに感謝も | RBB TODAY

乃木坂46・伊藤純奈&渡辺みり愛のラストライブ!8年間のファンの支えに感謝も

エンタメ 音楽
乃木坂46『アンダーライブ2021』
  • 乃木坂46『アンダーライブ2021』
  • 乃木坂46『アンダーライブ2021』
  • 乃木坂46『アンダーライブ2021』
  • 乃木坂46『アンダーライブ2021』
  • 乃木坂46『アンダーライブ2021』
  • 乃木坂46『アンダーライブ2021』
  • 乃木坂46『アンダーライブ2021』
  • 乃木坂46『アンダーライブ2021』
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 乃木坂46のアンダーメンバーによる『アンダーライブ2021』が26日、無観客・生配信で開催。先日、グループからの卒業を発表した伊藤純奈・渡辺みり愛(共に2期生)にとってはラストライブとなった。


 6月9日にリリースされる27枚目シングル『ごめんねFingers crossed』にカップリング曲として収録されるアンダー曲「錆びたコンパス」で、初のセンターを務める山崎怜奈が、今回のライブのいわば座長を担当。ライブ冒頭では、自身のレギュラーラジオ番組『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(TOKYO FM)にちなんで、『山崎怜奈のアンダラで話したかったこと』と題したラジオDJ風のVTRから展開し開幕した。

 その後、「錆びたコンパス」「風船は生きている」「My rule」「ここにいる理由」と、歴代のアンダー曲を立て続けに披露。中でも「風船は生きている」のセンターは、渡辺がセンターを務めた。

 ライブ中盤では、普段のアンダーメンバーでは見ることができない乃木坂46の表題曲とユニット曲を展開。特に「ショパンの嘘つき」では、卒業を発表している伊藤が熱唱し、渡辺がダンスするという、今後2度と見られないコラボレーションもあった。

 ライブ終盤には、歴代のアンダー曲を連続で披露。そしてバラード曲「誰よりそばにいたい」で本編を締め括った。

 アンコールが起こると、まずは伊藤と渡辺が登場。2人はそれぞれ「自分がダメになりそうになった時、私を見捨てずに1番近くにいて頂いたファンの皆さんに心から感謝しています。直接皆さんとお会いして伝えられなかった事は残念ですが、本当に8年間、私を支えてくれてありがとうございました」(伊藤)、「8年前は何もできなかった私をこうしてステージに立たせて頂く所まで育ててくれた皆さんに感謝しています。みり愛と一緒に卒業を発表できた事は嬉しかったです。これからは私たちらしく生きていきたいと思います」(渡辺)とファンへの感謝の気持ちをコメント。その後、「三角の空き地」「君が扇いでくれた」とアンダー曲2曲を披露し、ラストは「乃木坂の詩」でライブの幕を閉じた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top