映画『るろうに剣心』海外で初のシリーズ一挙上映が決定 | RBB TODAY

映画『るろうに剣心』海外で初のシリーズ一挙上映が決定

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会
  • (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会
  • (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会
  • (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 映画『るろうに剣心』シリーズが第24回上海国際映画祭にて、海外初のシリーズ一挙上映されるほか、最新作『るろうに剣心 最終章 The Final / The Beginning』のインターナショナルプレミア上映が決定した。


 シリーズ一挙上映が決まったのは、同映画祭のムービーフランチャイズ部門。2016年に新設された同部門では、これまで、『ハリー・ポッター』『007』『ミッション・インポッシブル』といった世界中にファンをもつハリウッド大作シリーズのみが招待されていたが、今年、『るろうに剣心』シリーズが日本実写映画初の同部門での上映となる。

 『るろうに剣心』シリーズにとっても、海外で初のシリーズ一挙上映、さらに現在公開中の『るろうに剣心 最終章 The Final』と来月4日公開の『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は、これがインターナショナルプレミア上映(海外初の上映)となる。

 今回海外での上映に対してシリーズで主人公・緋村剣心を演じた佐藤健は「アクションは当然ですけど、登場人物全員が持っている、武士の心といいますか。それはきっと剣心やサムライ達だけじゃなく、女性の登場人物とかも、(原作者の)和月さんの描かれるキャラクターは、全員に共通した芯
の強さを持っていると思うので、そういうところを日本の昔ならではの美術と合わせて楽しんでもらえたら嬉しいなと思います」とコメント。

 5作目の『The Beginning』で雪代巴としてシリーズ初参加を果たした有村架純は、「私は一視聴者としてこの作品も拝見させて頂いていて、圧倒的なアクションと映像美と迫力、あとは出演されている方々のエネルギーみたいなものが、何の弊害もなくそのままストレートにぶつかってくるというか、それぐらいの勢いを感じる作品です」と同作について語り、「当時、観たときは技術面だったりとかの知識が全くなかったですが、このお仕事をさせて頂いて、そういったことも踏まえて観てみるともっともっと、シリーズで続けていくことの大変さだったりというのが、皆さんに対してのリスペクトの意味も込めてものすごく想いが大きくなっていきました」と語った。
《KT》

関連ニュース

page top