南野陽子、アイドル時代は自ら「恋愛禁止」に! 共演者とは4つの言葉でしか会話せず | RBB TODAY

南野陽子、アイドル時代は自ら「恋愛禁止」に! 共演者とは4つの言葉でしか会話せず

エンタメ その他
南野陽子 (Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)
  • 南野陽子 (Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 南野陽子が、17日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。アイドル時代の恋愛事情を告白した。


 当時、事務所的には恋愛はOKだったという。それでも彼女は自ら「恋愛を絶っていた」と告白。理由について「今はそんな時じゃないと自分で思っていた」と明かした。

 ここで、そんな南野が自分に課したルールが明らかになる。それが、口説かれないようよう、共演者とは4つの言葉でしか話さなかったというもの。それが、「おはようございます」「お疲れさまでした」「何、食べました?」「ふふふ」というもの。

 ここで、その4つの言葉でしゃべくりメンバーと試しに会話をしたのだが、全く会話が成立せず、彼らから「めっちゃイヤな人」「気分すごい悪い」とブーイングを浴びていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top