鷲見玲奈、テレ東時代の“誤解”を明かす!胸のラインを強調するニットを着ていた本当の理由 | RBB TODAY

鷲見玲奈、テレ東時代の“誤解”を明かす!胸のラインを強調するニットを着ていた本当の理由

エンタメ その他
鷲見玲奈【写真:竹内みちまろ】
  • 鷲見玲奈【写真:竹内みちまろ】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 ‌‌鷲見玲奈が、16日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演。 ‌テレ東アナ時代のエピソードを語った。


 昨年テレ東を退社し、現在フリーアナウンサーとしても活躍している鷲見。今回の共演者に「衣装はどういうふうに決めてますか?」と投げかけると、局アナ時代はピタッとしたニットを着ることが多かったと回顧。これを見た人々からは「『胸を強調したいからだ』と言われてたことがあった」と回顧。

 だが本当の理由は、フワッとした衣装を着ると、「体の骨格的にゴツく映ってしまう」として「ピタっとした服を着て“痩せ見え”をしたかっただけ」と説明。

 そんな彼女はアナウンサー当時の呼び名として普通に「鷲見さん」「鷲見アナ」と呼ばれていたとしたうえで、カトパン(加藤綾子アナ)やショーパン(生野陽子アナ)などフジテレビアナウンサーに付けられていた「〇〇パン」に「憧れていた」と告白。

 松本人志から「テレ東はそういうのはなかった?」と聞かれると、「“パン”をもじって“鷲見パイ”と呼ばれていた」と暴露。だが本人は「納得してないです」と付語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top