松本人志が素朴な疑問「なぜコロナの病床数増えないの?」 | RBB TODAY

松本人志が素朴な疑問「なぜコロナの病床数増えないの?」

エンタメ その他
松本人志 (Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images)
  • 松本人志 (Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images)
 ダウンタウンの松本人志が7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、新型コロナウイルスに関する統計への疑問を提起した。

 番組では、政府の緊急事態宣言が3月7日以降も2週間延長されたことが話題に。松本は「僕思うんですけど、なぜコロナに対する病床数が増えていかないの?」と素朴な疑問を投げかけた。

 これに犬塚浩弁護士が「おっしゃる通り。病床数確保は自治体の義務。国民が自粛している間に増やすはずだったが、それが増えていない」と応じると、松本は「われわれ国民が努力して重症者数、感染者数を減らしている分、そっちの方たちが頑張って病床数を増やしてくれないと」と国や自治体に苦言を呈した。

 一方、長嶋一茂は「緊急事態宣言の意味合いとかを考えるべきだ。緊急事態宣言は医療現場とか保健所のひっ迫を緩和させるため」とした上、4日時点での東京都の重症者用病床使用率が33%だったことについて、専門家から聞いた見解として「33%はひっ迫じゃないという結論になるらしい」と述べ、「どこをもって下げ止まりになるかも国民に説明されていない。何のためにいたずらにやるのか、2週間何をやるのか」と疑問視した。

 犬塚弁護士は「東京都の発表は全くお粗末。33%の前は80%ぐらいだった」として、病床使用率が急減したのは以前の計算方法が間違っていたためだと指摘。以前の計算方法では一時、東京都の病床使用率が100%を超えてしまったことから、国の基準に沿って確保病床数を500から1000に変更したと解説した。
《角谷》

関連ニュース

page top