門脇麦、大河撮影中の本音を吐露「この先どうなるんだろう?」架空の人物の役に不安 | RBB TODAY

門脇麦、大河撮影中の本音を吐露「この先どうなるんだろう?」架空の人物の役に不安

エンタメ その他
門脇麦【撮影:小宮山あきの】
  • 門脇麦【撮影:小宮山あきの】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 門脇麦が、14日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演。大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)撮影中の本音を打ち明けた。


 門脇は先週7日までオンエアされていた『麒麟がくる』で、戦による大火で両親を失った戦災孤児・駒を好演。すると同作のファン・くりぃむしちゅー上田晋也が「すごい良かった」と絶賛し、「駒さんが出てくると、ほっと安心できた」と評価した。彼女は嬉しそうに「本当ですか?ありがとうございます」と頭を下げた。

 ただ、駒は同作のオリジナルキャラクター。そこで演じた本人も「自分がどうなっていくのかが分からなかった」と吐露。さらに「もしかしたら、次の回にいなくなっている可能性もある」とも述べ、「逆算ができない難しさはあった」と、演技プランが立てづらかったと回顧。

 同作には堺正章、ナインティナイン岡村隆史も出ていたが、いずれも門脇と同じく架空の人物。そこで彼女は「いつも堺さん、岡村さんと、『この先どうなるんでしょうね?』(と心配していた)」と語り、「台本をいただくたびに、『また、いました!』(と喜び合っていた)」と振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top