『このミステリーがすごい!』大賞『元彼の遺言状』が15万部突破 | RBB TODAY

『このミステリーがすごい!』大賞『元彼の遺言状』が15万部突破

エンタメ その他
『元彼の遺言状』(宝島社)
  • 『元彼の遺言状』(宝島社)
  • 新川帆立氏
 1月8日に発売となった『元彼の遺言状』(宝島社)は「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という元彼の奇妙な遺言を受け、女性弁護士が依頼人と共謀して分け前を狙う遺産相続ミステリー。同書籍は第19回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞を受賞したが、発売から3週間で15万部を突破した。

 『このミステリーがすごい!』大賞は、ミステリー&エンターテインメント作家・作品の発掘・育成を目的に、2002年に創設した新人賞。これまで、第153回直木賞受賞者の東山彰良氏や、累計1000万部突破の「チーム・バチスタの栄光」シリーズの海堂尊氏などの作家を輩出してきた。

 著者である新川帆立氏は次のようにコメントしている。「16歳の時からずっと作家になりたくて、弁護士となったのちも、執筆時間を確保するために三度転職しました。晴れて十余年越しの念願が叶い、作家デビューできただけでも望外の喜びでした。そのうえ、多くの方のお手に取っていただき、大変有難く感じております。暗い世相だからこそ明るい小説を書いて、読者さんの生活を少しでも明るくしたいと思いながら、本作に取り組みました。しかし実際は、読者さんからの反響に私のほうが励まされています。今は本作の続編に取り組んでおりますが、今後もたくさん良い小説を届けていきたいです」。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top