ロンブー淳、謝罪会見の渡部建に持論「報道陣を味方にできていない」 | RBB TODAY

ロンブー淳、謝罪会見の渡部建に持論「報道陣を味方にできていない」

エンタメ その他
田村淳【写真:竹内みちまろ】
  • 田村淳【写真:竹内みちまろ】
 ロンドンブーツ1号2号・田村淳が、4日放送の『グッとラック!』(TBS系)で、昨夜3日に行われたアンジャッシュ渡部建の謝罪会見に言及した。


 相方の田村亮が、昨年発覚した闇営業騒動で謝罪した経験を目の当たりにしている淳は、「僕だったらまず復帰までの道筋を事務所の人間と一緒になって、そのロードマップを作る」と述べながら、「(昨日の会見は)それが多分できていないのかな」と推測。さらに「(今なぜ会見を開くのか)この矛盾点を解決できなければ会見しなきゃいいのにと思った」と解説。

 そんな渡部は、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の年末特番『笑ってはいけない』に出ることが伝えられている。淳は、すでにダウンタウン松本人志が収録場所で彼と会ったと『ワイドナショー』(フジテレビ系)で暗に言っていることを取り上げながら、「出ているのが周知されているのに、そこを言えないというのは、報道陣の人から見ても『いやいやおかしいじゃん』(と違和感を覚えるはず)」と言及。

 そして「報道陣の人を味方にできていないのは、正直に言っていないから」と指摘した。そんな会見は100分にも及んでいたが、淳は「下手したら、吉本の岡本社長の会見の時間を抜くんじゃないか、5時間超えになるんじゃないかなと思って見ていた」と振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top