尾上松也、人生で一番つぎ込むのはキャンドル「キャンドルズ・ハイになってる」 | RBB TODAY

尾上松也、人生で一番つぎ込むのはキャンドル「キャンドルズ・ハイになってる」

エンタメ その他
 尾上松也が、27日放送の『なりゆき街道旅』(フジテレビ系)に出演。無類のキャンドル好きであることを明かした。


 この日、彼がハライチ澤部佑、乃木坂46・高山一実と一緒に歩いたのは銀座界隈。歌舞伎座にほど近いことから松也は「1年で一番いる場所」と語りながら、「育ちも銀座」とも述べた。

 この後、そんな松也行きつけのアロマショップへ。様々なキャンドルを嗅いでは「結構好きかも」「あーこれいい」「これ落ち着くなあ」と言いつつ、1本5千5百円のキャンドルなどを次々と購入していった。

 すると松也は「僕はキャンドルショップに来るといつもこうなります」と、その習性について自ら言及。実際レジスターを見ると8点で4万円以上の金額が表示されていた。

 つらに松也は「もうハイになってるんで」と言うと、澤部から「キャンドルズ・ハイになってるんですね?」との質問が。これには松也もすかさず言葉を引き取り、「キャンドルズ・ハイになっている」と答えた。

 また彼は「基本はあまりお金を使わない」としながら、「人生で一番つぎ込んでいるのはキャンドル」と断言していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top