大倉忠義が“男性同士の恋愛”を演じた感想を明かす「この感じ、経験したことある」 | RBB TODAY

大倉忠義が“男性同士の恋愛”を演じた感想を明かす「この感じ、経験したことある」

エンタメ 映画・ドラマ
大倉忠義【写真:竹内みちまろ】
  • 大倉忠義【写真:竹内みちまろ】
  • 成田凌【写真:竹内みちまろ】
  • 成田凌、大倉忠義【写真:竹内みちまろ】
  • 成田凌【写真:竹内みちまろ】
  • 成田凌、大倉忠義、行定勲監督【写真:竹内みちまろ】
 関ジャニ∞の大倉忠義、俳優の成田凌、行定勲監督が12日、映画「窮鼠はチーズの夢を見る」(9月11日公開)の公開記念舞台挨拶に出演した。

 男性同士の恋愛を描いた水城せとなの大人気コミックを実写化した同作。大倉は主人公の大伴恭一を、成田は大学時代の後輩で恭一に思いを寄せる今ヶ瀬歩を演じる。

 イベントは、全国の主要102館に生中継され、3万人以上のファンが視聴した。登壇した大倉は「約3万人の方がライブビューイングにいらっしゃるということで、短い時間ですが、いい時間を過ごしたいと思います」とあいさつ。続けてマイクを持った成田は、大倉が「3万人」という人数について特別にコメントを加えなかったからか、「3万3千人とさっき言われて、僕はドキッとしたのですが、大倉君は素直に受け入れていますね。さすがだなと思いました」と声を弾ませた。

 男性同士の恋愛については、大倉は、「(男女の恋愛とは)別物として考えようと思っていたのですが、シーンを撮っていくごとに、『あっ、この感じ、経験したことあるな』とか(の感覚がありました)」とエピソードを回顧。撮影中には、“(男女の恋愛にも)当てはまっていく感”があったといい、「“男同士だからとか、そんなに考えなくてもいいのかな”というのは、発見といいますか、やりやすいところではありました」と振り返った。成田は「観ている人は、昨日も、今日も、女性の数の方が多いのかな。それは、なかなか(男性が同作に)『共感します』とは言いにくいですよ」というも、「男性の方にたくさん観てほしいですね。どう観えるのだろう」と男性の感想が気になる様子だった。

 トークでは、大倉演じる大伴が、浮気相手に別れ話を切り出せなかったことについて言い訳をする場面が話題にあがった。大倉は大伴を「ダメな奴」と評しており、「僕もやっていてクズだって思います」とも振り返っていたが、行定監督は「(大伴が)女の家から出てきたときに言い訳するでしょ、最初に。『別れ話をしてくれば』って言われて、『別れ方もちゃんとしなきゃいけないんだ』みたいな。あそこも迫真の演技だよな(笑)」と大倉を絶賛。すかさず成田が「うまいなあ。なんでだろうな(笑)」とニヤリ。行定監督と成田からイジられてしまった大倉は、「『なんでだろうな』じゃないですよ(笑)」と冷や汗をかいていた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top