KAT-TUN上田竜也、ジュニア時代は「クソだった」 堂本光一から「お前ら二度と出るな」 | RBB TODAY

KAT-TUN上田竜也、ジュニア時代は「クソだった」 堂本光一から「お前ら二度と出るな」

エンタメ その他
 KAT-TUN上田竜也が、23日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)に出演。ジャニーズJr.時代を反省する一幕があった。


 ジュニア時代は「クソだった」という上田。「踊りをまともに踊らない、衣装をまともに着ない、時間を守らない」など、とにかく生意気だったのだとか。そんな彼らにKinKi Kids堂本光一からは毎回「お前ら二度と出るな」と叱責を受けていたという。

 その後、無事CDデビューを果たしたKAT-TUN。ところが上田は「CDデビューが嬉しくなくて反抗していた」と衝撃の告白。すると、当時の彼らと番組でロケをしたことがある有吉弘行は「確かにひどかったからね! マジでKAT-TUNだけは……(許さない)と思っていた」と回顧。

 上田もそのロケ中、「(有吉さんから)お前、ポケットに手、突っ込むなとすごい注意された」と語った。そんなデビュー時は6人いたKAT-TUNも今や3人。有吉が「結果この人数よ!」とチクリと刺すと、これには上田も「ほんと、そうなんです」と納得するしかなかった。

 この日はゲストに、SixTONESから3人のメンバーが登場。1月に同時デビューしたSnow Manとのデビューシングル『Imitation Rain / D.D.』の売上が24.7億円を記録するなど人気絶頂。生活が激変したエピソードを語っていたが、上田は彼らに「マジで言っておくけど、あんまり調子こいてるとすぐ破裂するから」とアドバイスしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top