長濱ねる、“キャラ変”を志願?「ぜひお願いします」 | RBB TODAY

長濱ねる、“キャラ変”を志願?「ぜひお願いします」

エンタメ その他
長濱ねる【撮影:佐藤】
  • 長濱ねる【撮影:佐藤】
 欅坂46の元メンバー長濱ねるが、14日放送の『セブンルール』(フジテレビ系)に出演。キャラ変への思いを明かした。


 この日の主人公は、大島優子や佐田真由美など芸能人からも直接指名される人気スタイリスト・百々千晴。撮影現場ではアシスタントに厳しい言葉で要求し、年上の著名なカメラマンにも、洋服の魅力を伝えるためなら率直な言葉で思いを伝える意志の強さを見せた。

 先週の放送から同番組の新キャストとして、クリープハイプ・尾崎世界観とともに加入している長濱。「私は割とヘラヘラしてしまう」と述べながら、自分を貫く百々に対し「すっごい憧れます。かっこいい」と語った。

 するとYOUから「ねるちゃん、来週はもしかしたらドSキャラで……」といじられ、青木崇高からも「革ジャンで?」と追撃。だが意外にも長濱は「いいかもですね。すごいショートに切って」と意欲全開。

 本谷有希子から「もう好きにしていいんだもんね?」と聞かれると、彼女は「はい、辞めたので」と回答。本谷から再び「ここでいっぱいイジって変えていこう」と言われると、長濱は「あっはい!ぜひお願いします」と志願した。

 また長濱は、かつてのアイドル時代についても回顧。「最初のころは黒髪ロングで(髪を)巻くなと言われていた」と、見た目に関して細かい指示があったと振り返った。また、そうしたキャラ分けによってファンのタイプも差があったと言及。大学生のファンが多いメンバー、また「お父さん世代」の方が多いメンバーもいると告げた。

 だがこれにショックを受けたのが青木。「今聞いてて、『お父さん世代って』と思ったけど、俺、思いきりお父さん世代ですもんね」と言うと、長濱も「そうかもしれないです」と笑っていた。

 昨年7月に欅坂を卒業。先週の同番組のオンエアでグループ卒業後メディア初登場を果たしている長濱。SNS上では「長濱ねるさん、大人っぽくなったね」「すんごく大人びてないですか?」「長濱ねるちゃん可愛くなり過ぎ&大人っぽくなって顔シュッとしてる」など、雰囲気の変化に驚く声も寄せられていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top