長澤まさみ、最新映画の破滅的なシングルマザー役に「最後まで共感できなかった」 | RBB TODAY

長澤まさみ、最新映画の破滅的なシングルマザー役に「最後まで共感できなかった」

エンタメ 映画・ドラマ
長澤まさみ【撮影:こじへい】
  • 長澤まさみ【撮影:こじへい】
  • 長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、大森立嗣監督【撮影:こじへい】
  • 阿部サダヲ【撮影:こじへい】
  • 奥平大兼【撮影:こじへい】
  • 長澤まさみ【撮影:こじへい】
  • 長澤まさみ、阿部サダヲ、郡司翔、浅田芭路【撮影:こじへい】
  • 長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、大森立嗣監督、郡司翔、浅田芭路【撮影:こじへい】
  • 長澤まさみ、阿部サダヲ、郡司翔、浅田芭路【撮影:こじへい】
 女優の長澤まさみと、俳優の阿部サダヲが4日、都内で行われた出演映画『MOTHER マザー』の公開記念リモート舞台挨拶に、新人俳優の奥平大兼、大森立嗣監督と共に出席した。

長澤まさみ【撮影:こじへい】

 実際に起きた事件に着想を得て、既成の価値観では測れない親子関係の在り方を問う本作。長澤は男たちと行きずりの関係を持ちながらその日暮らしをし、息子の周平(幼少期:郡司翔、少年期:奥平大兼)に奇妙な執着を見せる破滅的なシングルマザーの主人公・秋子を、阿部は彼女の内縁の夫・川田遼をそれぞれ演じる。

長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、大森立嗣監督、郡司翔、浅田芭路【撮影:こじへい】

奥平大兼【撮影:こじへい】

 この日の舞台挨拶は、全国5大都市・15劇場にライブ中継され、メイン館であるTOHOシネマズ池袋の観客をスクリーンに投影した“リモート客席”をバックに行われた。

 長澤は「全国15か所の皆さまこんにちわ」と挨拶し、「普段は1か所でしか舞台挨拶をやらないので、逆に新鮮で、たくさんの方々と繋がっている気がしてとてもうれしいです」と笑顔に。

長澤まさみ、阿部サダヲ、郡司翔、浅田芭路【撮影:こじへい】

 自身の演じた秋子について、長澤は「共感しようと思っても最後まで共感できませんでした。わからないこともあるんだなと知った役だった」と回顧し、「昨日も映画(公開)初日を迎えて、自分自身も嫌な思いで悶々と過ごしました。この映画が旅立っていく解放されるうれしさみたいなものもあったり、でも、本当にそれを手放してしまってもいいのかなと考えてしまったり……ここまで役柄に後ろ髪引かれるっていうのは初めての経験だったので、それだけ役と向き合えたと考えると、無駄な時間じゃなかったのかなと思います」とまとめた。

阿部サダヲ【撮影:こじへい】

 阿部は、「長澤さんがこういう役をやる印象はなかったし、お母さんというイメージもなかったのでびっくりしました」と述べ、「完成したものを見て、僕が演じた遼にもですが、お母さん(秋子)に対してイラっとしたし、嫌だなという感じがして映画としてはすごく良いことだと思う」とその演技に太鼓判を押した。

長澤まさみ、阿部サダヲ、郡司翔、浅田芭路【撮影:こじへい】

 また、子役の郡司、浅田芭路がフェイスガードをつけて登場し、長澤たちにカーネーションの花束を贈呈する場面も。浅田が長澤との思い出として「お布団でグルグル巻きにしてくれたり……」と言うと、阿部は「虐待じゃないですよね?(笑)」とツッコミを入れていた。

映画『MOTHER マザー』は、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中。
《こじへい》

関連ニュース

page top