広瀬香美、同世代で活躍した小室哲哉を語る!最初は悪印象 | RBB TODAY

広瀬香美、同世代で活躍した小室哲哉を語る!最初は悪印象

エンタメ その他
 広瀬香美が、3日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。同世代のヒットトメーカー小室哲哉の印象を語る一幕があった。


 1990年代、自ら作詞・作曲した『ロマンスの神様』『ゲレンデがとけるほど恋したい』などをメガヒットさせた広瀬。一方で小室も安室奈美恵、TRF、globe、華原朋美などを手がけ、出す曲を全てチャートインさせてきた。

 そんな天才について広瀬は「最初は、なんてことをする人なんだろうと、音楽を切り刻んで……」と切り出し、「音楽を1つの作品としてキレイに流すことが私の生きがいだったのに、あの方は『ブスッブスッ』とひっくり返したりいろんなことをした」と持論。「最初はヤダーって思っていた」と、印象が良くなかったと語った。

 だが「そのうち何回も聴くようになってきた」そうで、「また聴きたい、また聴きたいと“小室マジック”にハマるようになってきた」と回顧。続けて「これは考え直さなきゃいけない」と改心させられたと述べ、「今じゃ私の師です」と尊敬していると話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top