小芝風花、憧れの人物・甲斐よしひろと感激の初対面!大号泣 | RBB TODAY

小芝風花、憧れの人物・甲斐よしひろと感激の初対面!大号泣

エンタメ その他
小芝風花【撮影:小宮山あきの】
  • 小芝風花【撮影:小宮山あきの】
 小芝風花が、28日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。憧れの人物と対面し号泣する一幕があった。


 それが、歌手・甲斐よしひろ。その紹介VTRとして甲斐バンドの代表曲『HERO(ヒーローになる時、それは今)』を熱唱しているVTRが流れた瞬間、小芝は思わず手で口を押さえて「えっウソ!?」「えーっ!?」と驚き。

 そして、「(スタジオのカーテンの向こうに)もういらっしゃるのかと思ったら、V全然入ってこなかった」と、VTRがまったく頭に入ってこなかったと告げ、早くもテンションMAX。

 いよいよ甲斐が登場すると「えーっ!? あー!? はじめまして」とさらに興奮。ソーシャルディスタンスをとっていたため距離は離れていたものの、本人を目の前にすると、「(嬉しすぎて今にも)なんか死んじゃうのかなって」と喜び爆発。

 小芝が甲斐のファンになったのは小学校時代。フィギュアスケートを習っていたころ、リンクまで母親が車で送り迎えしてくれていたのだが、車内の音楽はずっと甲斐の曲だったという。そんな思い出をラジオ番組で語ると、のちにそれを知った甲斐から、自前のギターを知り合いを通じてプレゼントしてもらったこともあるという。

 今では自分でギターを購入し、『きんぽうげ』『そばかすの天使』といった、甲斐バンドの中でも通好みの曲を弾き語りしているという小芝。これには甲斐も「歌い継がれる喜びがあるから嬉しい」と笑みをこぼした。

 そんな甲斐から今回、さらなるビッグプレゼントが。それがヒット曲『安奈』のオリジナルの楽譜。また甲斐バンドは1983年、新宿西口の広大な空き地(現在は都庁が建っている場所)で『THE BIG GIG』というライブを行ったことがあるが、それが開催30年を超えた記念に身内だけで作ったというフォトブックをサイン入りで進呈。

 甲斐は「ずっと昔からファンでいてくれたお母さんにプレゼントする」と、小芝に甲斐バンドを教えた母親へのプレゼントとして持って来たという。小芝は喜びの涙を流しながら「えーいいんですか!? 本当にいいんですか!?」「ありがとうございます!」と感謝。「(小芝家の)家宝にします」と大感激していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top